【このページの説明】

麻雀の成績では「順位戦」と「収支戦」があり、どちらで戦っているかは重要な要素です。

特に麻雀大会では1位と2位が勝ち抜けといった場合の順位戦では持ち点の意味が変わります。

また反対に収支、つまり持ち点で成績を競うならば攻める度合いも変わります。



順位戦と収支戦(麻雀の目標)

さて、何を目的に麻雀をやっているのか? という部分を考えてみよう。

勝つためにやってますよね? 1位をとりにいくのが目的です。

今回はその「1位」でも、意味合いがまったく異なる点に触れておこう。基本的には「1位」をとることがゲーム内の最大の勝者であることに間違いはない。

麻雀をやる目的はさまざまじゃが、ネット麻雀の場合はポイントやR(レート)を上げて、段位や階級などを上昇させていく目的がある。

反対にリアル麻雀なんかやっている人は、ちょっとしたお金がかかっている場合には、いくらお金が入ってきたか?みたいな部分に重点を置くことになるわな。

それらを総合して「麻雀を楽しむ」みたいな部分はあるわな。

Rとか段位があがっていくのは嬉しいですよね。強くなっている実感がしますし。

ネット麻雀の「R」や「段位」がどのような基準で変動するのかは、サイトによってけっこう変わるわけじゃが、基本は「順位戦」だと思って間違いない。つまり、自分が何位で終了したかだけによって、Rや段位(に必要なポイントなど)が変化するんじゃな。

何点持ってゲームを終わったかは関係ないってことですか?

そこがポイントになる。

圧勝の100,000点トップでも、僅差の31000点トップであっても、1位は1位で同じ。Rの変動も同じってことじゃよな。最後の持ち点数の多い少ないは反映されない場合があるんじゃよ。

リーチをしない状況」の項目でも説明したが、ネット麻雀では、終盤にトップが確定しているような状況では、わざわざリスクをおかしてまで、さらに高い点数を狙う必要性がないってことなんじゃよ。

31000点での勝利を、わざわざ、35000点にまで無理してアップする必要がないんじゃな。

そうだったんですね…。高い点数で終わったほうが、Rもいっぱいあがるのかと思ってました。

サイトによっては点数の大小を、仮想マネーみたいな感じで多少は反映していたりするので、無意味ってわけではないんじゃが、基本は順位戦、最後の着順に重きを置いているって部分はかわらないはずじゃ。反映されていたとしても影響は小さい。順位が重要なみたいな感じになる。




収支戦

反対にリアル麻雀の場合は、最終的にはお金の動きに集約されていくわけじゃよ。これを「収支戦」と呼んだりする。

リアル麻雀の場合は持ち点数が、そのままお金に影響するんですよね?

よく麻雀のレートを表す言葉に「テンゴ」や「テンピン」とか耳にするかもしれん。

これはテンゴなら1000点が50円、テンピンは1000点が100円に相当する。エンターテイメントとしての金額は法律でも認められとるが、あまりに高額なものは賭博罪でつまかるので注意が必要じゃな。ジュース代ぐらいかかっていると、余興としては面白いじゃろうし。

もちろん、収支戦でも1位をとることが、最大の収入につながるので順位は大事なんじゃが、そこに持ち点数の大小も金額に直結するので、少しでも点数が多いほうがいいという考えになる

リアル麻雀の場合はの赤牌や、一発、裏ドラなどの偶然性の高い役、役満などをあがると「ご祝儀」としては、点棒とは別のチップがやり取りされる。このチップ1枚が5000点相当になったりするんじゃな。

そうなってくると、打ち方も変わってくるんですかね?

変わってくるなぁ。リーチの判断も、押し引きの基準も変わってくるので、同じ麻雀の形はしているが、ほとんど別のゲームとすら思えるぐらいの違いはあるかもしれん。実際に、ご祝儀がゲームバランスを崩しているって意見もけっこう聞くわけじゃし。まあ、それが面白いって人もいるんじゃが。

似ているが違うという意味では、サッカーとフットサルとか、ソフトボールとベースボールぐらい違うかな。ラクビーとアメリカンフットボールとか? もちろん、共通する技術や戦略も多いんじゃが、違う部分もけっこうあったりする。

やっぱり、リアル麻雀のほうが難しいんですかね?

たまにリアル麻雀やっている人はネット麻雀のことを「お遊び」とかバカにしたニュアンスでいうんじゃが、そうではないと思うぞぃ。リアル麻雀にはリアル麻雀の難しさがあるし、ネット麻雀にはネットの難しさがあるので、どっちが偉いとかそういう問題ではないはずなんじゃな。

ネット麻雀のカリスマ、とつげき東北くんもリアル麻雀でギャラリーの前で打つことになって、緊張で腕がプルプルしたって話が話題になっておったしな。リアル麻雀は体力や集中力もいるし、ポンしますか? チーしますか? と、いちいち止まってはくれん。そういう肉体的な反射神経も必要になってくる。

反対に、リアル麻雀の強者がネットに乗り込んできたはいいが、そこそこは強いんじゃが、ネットの上位陣には翻弄されて勝てないって話もけっこうある。麻雀としてより精度の高い技術が求められるんじゃろう。

上にいけばいくほど、専門的な特化した技術が必要になってくるって話じゃな。ジャンルに貴賎なしって話もあるわけじゃし、サッカーと野球どっちが難しい?と論争するのは、あんまり意味がないじゃろう。一流の人は、やっぱり一流なんじゃよ。


初心者でも安心して遊べる麻雀アプリ
ジャンナビ麻雀オンライン
(iOS/Android対応)