【このページの説明】

やらなくてもいい不必要なリーチがあるとご紹介しましたが具体的にご紹介しています。

主に十分に自分の点数が高い場合や、相手に役満の気配があるときなどがあげられます。

基本的にリーチをすると警戒されるので自分があがりにくくなるデメリットがあります。



ダマテン リーチをしない状況

リーチできるのにあえてリーチをしないことを「黙聴(ダマテン)」とか「闇聴(ヤミテン)」といったりする。前回、「親が役満を狙っているような状況なら逃げ出せるようにダマを選択する」「序盤で大きく点数を伸ばせる可能性があるならばダマを選択」ってのは、説明したとおりじゃな。

わざわざ危険な状態に飛び込まないって話ですよね。

それ以外にも、戦略的に重要な「ダマの選択」があるので紹介しておこう。むしろ、前回説明したのは特殊な状況、例外で今回のほうが実戦ではよく見かけると思う。




リーチがいらないケース

・自分の点数が十分に高い場合。

この場合はあえてリーチしなくてもいいじゃろう。役満は当たり前じゃが、それ以上は点数が変らないのでリーチはしない。役満でなくとも点数が高い手はリーチせんでもいいんじゃな。

けど、十分に高い点数でも、リーチすればさらに点数があがりませんか?

ここでリーチのデメリットの話になるんじゃが、リーチをすると圧倒的に「ロンできる可能性が低くなる」というのがあるんじゃな。

みんな警戒して危険な牌を不用意には捨ててくれなくなるので、結果的にロンできるケースが少なくなるわけじゃよ。

例えば、親で跳満が確定している。あがれば18000点の高得点じゃな。役もあるので、別にリーチしてもしなくてもどっちでもいい状況じゃった!

ここで選択がある。


リーチをする選択

メリット : 跳満が倍満になって24000点になるなど点数がさらにアップ!
デメリット : 警戒されてロンできる可能性が下がる

リーチをしない選択(ダマを選択)

メリット : 警戒されないのでロンできる可能性が高くなる
デメリット : 点数は跳満で18000点のまま


どっちをとるのか? バランスの問題って感じですかね。

確かにバランスの問題ではあるんじゃが、この場合「18000点」で十分じゃろう。18000点リードできれば、ほぼ勝敗が決するぐらいの大きな点数をゲットすることになる。東風戦ならよほど下手な打ち込みをしなければ8割ぐらい勝てるリードかもしれん。欲張りすぎると、結局はあがれなくなってしまうぞぃ。

跳満(6飜以上)親で18000点 子で12000点ならば、もう十分な点数と思ってくれたらいい。リーチをして点数が増えることよりも、あがれなくなるデメリットのほうが痛いわな。

マンガン(4飜)のラインが微妙ではあるが、これも基本的にはダマにしてもいいと思うぞぃ。親で12000点/子で8000点も逃げきるには心細いかもしれんが、大きなアドバンテージになることは間違いないので、確実にとっておくのがいいじゃろう。

もちろん例外もある。どうしても逆転のためにリーチしないといけないような状況では、リーチすべきじゃろう。

それから、序盤に聴牌して両面待ちや、それ以上の3面待ち、4面待ちとかの良い形ならば、自分のツモも十分に期待できるので、これはリーチしても良さそうじゃな。そうでないならば、確実に点数が増える選択がいいと思う。

それから次は

・高い点数が必要ない時もリーチはしなくてもいい

高い点数が必要ない時もあるんじゃな。

高い点数が必要ない時なんてあるんですか?

これはゲームの終盤の話じゃな。

例えば南四局のオーラス。

自分が1位 36000点 2位 35600点の僅差で争っている場合じゃとする。

この場合、自分があがれば終了になるわな。

    

この状況じゃと、どんな形であれあがってしまえば終わりじゃよな。 中を持っているのでロンもできる。わざわざリーチして警戒される必要もなければ、点数を高くする必要もないんじゃよ。1000点なりをサクっとあがって終了じゃな。

この場合だとを捨てるとホンイツも狙えますが、その必要すらないんですね

勝って1位になればいいわけじゃから、ロンできる確率が低くなるようなリーチは控えて、ダマで待つのがベターじゃろうな。それに「ホンイツ」に手を高める必要もないわけじゃよ。

逆に自分が2位でトップとの点差を考えて、リーチしなくても逆転可能ならば同様にダマを選択するのがいいじゃろう。

不必要な役を狙ってスピードを落としたり、警戒されるようなリーチをわざわざしないでもいい状況はけっこう出くわすと思う。もう一度、リーチをする前に、そのリーチが意味があることかを考えてみるのがいいじゃろう。

それから最後に付け加えると「リーチするのにかかる1000点が大きな影響を与える時」なども考えが必要じゃな。

上の状況じゃと、2位との差は400点。リーチをした瞬間に1000点を供託するので、この瞬間に順位が逆転してしまう。

3位と4位のプレイヤーの間でロンやツモがあると、リーチ棒を出してしまったばっかりに自分が2位で終了してしまった、というケースもけっこう見かける。

特に勝負の時間が短い「東風戦」なんかは1000点の差で着順が変わるシビアな戦いになることも多い。リーチにかかる点数が致命傷になりかねないので、そこは注意するといいじゃろう。


初心者でも安心して遊べる麻雀アプリ
ジャンナビ麻雀オンライン
(iOS/Android対応)