【このページの説明】

入門編はここで終わりです。ここまでの知識でもそれなりにネット麻雀で遊べると思います。

しかしまだまだ覚えることがあります。

次は、勝つための戦術、麻雀役、麻雀用語と基礎知識の3コースの選択です。



黄金牌を巡る物語「香港からのエアメール」

誰からの手紙なんですか?

まあ、こんなことじゃな。おぬしらも見てみるか?来るとは思っていたが、やっぱり届いた。

「第2回世界最強麻雀大会 招待状」ですか…

ものすごい安直な名前の大会ですね。ド直球じゃないですか。ネーミングセンスをうたがっちゃいますよ。「雀士の中の雀士 でてこいやぁ!?」「八角形のリング・オクタゴンの中で四角形の雀卓を置いた合計12角形の死闘」

なんですか、これは?

…賞金は1億円、決勝戦は黄金牌を使用し、勝者には黄金牌の権利をあたえる、主催者は謎の白覆面Xですか…なんだか大規模な大会への誘いですね。自分から「謎の」って言う人なんて初めて見ましたよ。

なんでこんな大きな大会への案内状が博士のもとへくるんでしょうね? ひょっとして有名人なんですか?

「世界最強麻雀大会」どこかで耳にしたことがある大会ね。「黄金牌」って、勝てばどんな願いでもかなうと言われている伝説の麻雀牌のことでしょう? 本当にそんなのあるのかしら?

黄金牌の時期がもう来てしまったのか。10年とは早いものじゃな。

僕もこの大会に出てみたいです。これだけ大規模な大会になれば、きっと強い人がいっぱい出てくるんでしょう?ひょっとしたら父親とも大会で会えるかもしれないですし…。

私も出場してみたい!だって、さっきからモヤモヤしてるし。何か大切なことを忘れてしまっているみたいで。誰かが心の中で「出ろ!」って呼びかけているような感じなのよ。

わかる?この感覚!? わからないわよね…

そうか…。麻雀大会といっても、危険な大会じゃよ。開催場所は香港、わしの想像じゃが怪しい組織が1枚かんでいるに違いないからな。

それは九龍麻雀会の剣王こと魔囚人だな。

ほう、おぬし…。その名を知っているとは、なんか裏がありそうじゃな。おそらく大会の開催場所が香港であるところを見ると、九龍麻雀会のからんでくるに違いない。

賞金の一億円は魅力的ですね。いろいろパーツも欲しいですし。ワタシがサクっと優勝してくるので、皆さんは日本でお茶でも飲んでりゃいいんです。

まあ、おぬしらも思うことがイロイロとあるのじゃろう…出場することを止めたりはせんよ。わしも出ようと思ってるからのぉ。こんなオイボレの力がどこまで通用するのかはわからんが、わしにもやらなければならぬことがある。

ただし、おぬしらの腕前じゃ、話にもならんぞぃ! おぬしらはまだ、「麻雀のルール」を覚えたくらいじゃし、そのルールも完全ではない。役にしたって、まだまだ麻雀の役はあるぞ!ほんの一部分を覚えたにすぎん。

まだまだ初心者のレベル。ネット麻雀の世界に飛び込んでも「R(レート)」が1600にも届かないじゃろう。サトリアーニ君にいたっては、遅刻してきたから基本すらわかっていない!そんな腕前じゃ、優勝どころか、予選も突破できんわ!

麻雀なめるなよ!? ついでにプロレスをバカにするのもやめろ!

じゃあ、どうすればいいんですか?

この麻雀講座で教えることはまだ、終わったわけではないぞぃ。まだまだ先があるわい。そのための「初心者のための麻雀講座」じゃ!ここからは分岐するが好きなルートを選ぶといいじゃろう。

僕はとにかく麻雀で勝ちたいのです!博士 勝つための戦術を教えてくださいよ。ルールを覚えたって勝たなきゃ意味ないでしょう!

大会ってことは、やっぱり人と麻雀をやるのね。だったら、もっと基本的なマナーやルールを教えてほしいわ。恥じはかきたくないわね。今までやったところの復習もしたいしねー。

おれは遅刻しちまったので聞き逃した役の種類でも覚えていくか…

それぞれの要望に応えてみよう

勝つための麻雀講座/麻雀戦術
麻雀は対戦型のゲームである以上は勝つ必要があるんじゃな。ここでは麻雀の基本的な戦術を潤一郎に教えよう。

基礎知識と麻雀用語
この入門編で教えることができなかった麻雀用語や特殊なルール、対戦時のマナーや麻雀の歴史などにもメルと一緒に触れてみようか。

役を覚える麻雀講座
入門編で登場した役は基本的なものばかりじゃが、あまり使わない役まで麻雀に登場する役をすべて取り上げてみよう。

いちおう、どこから見ても意味がわかるように設計してるので興味のあるものから読めばいいじゃろう。他のコーナーを読んでもかまわんし順番は好きにしたらいい。今の知識でも十分に楽しめるじゃろう。

いきなり実戦に飛び込んで見るのも悪くはないじゃろう。ここまで紹介した知識だけでも、運がよければ1,2回は勝てるかもしんぞぃ。麻雀サイトはいっぱいあるわけじゃし。雀ナビ麻雀オンラインとかも人気みたいじゃし、いろいろあるわな。

お友達がプレーしてるってのも重要な要素かもしれんし、操作や雰囲気も好みはあるじゃろうし。自分にあったサイトを見つけるんが一番じゃな。そのへんはおまかせするぞぃ。というわけでポコンツロボット!おまえはワシのサポートをしろい

ワカリマシタ、ワカリマシタ、だから、たたかないでください。わたしの能力を発揮する時がとうとうきたのですね!

しつこく宣伝しますが麻雀とはまったく関係ない、このサイトの管理人さんが英語学習のアプリを作ったそうなので、英語学習に興味ある方でiPhoneをお持ちの方はぜひダウンロードしてあげてください。『ざっくり英語ニュース!StudyNow(AppStore)』です!

あと英語学習のサイトも作ったみたいなので『ネイティブと英語について話したこと』にもぜひ遊びにきてあげてください。


初心者でも安心して遊べる麻雀アプリ
ジャンナビ麻雀オンライン
(iOS/Android対応)